施工レポート

栃木県真岡市 S様 シーリングの取り替えが完工しました。

築年数が10年未満の住宅で、シーリングの取り替えのお問い合わせをいただきました。


築年数が浅く、外壁はとても良い状態です。


外壁はとても良い状態ですが、全体的にシーリングが劣化しています。


外壁塗装は行わず、シーリングの取り替えを任せていただきました。


専用の手工具を使用し、古いシーリング材を剥がしていきます。


土のう袋で満杯分、剥がしました。


古いシーリングを剥がし終わった後、シーリングを綺麗に仕上げるために、マスキング養生を行います。


マスキング養生後、シールプライマー
シールプライマーは、シーリングの密着度を高める重要な工程です。


シーリングの充填


今回は耐用年数が約30年あるオートンイクシードを使用しています。
大半の住宅で使用されている変性シリコーンのシーリング材は耐用年数が10年程度です。オートンイクシードは超耐久性があり柔軟性もあるのでオススメです。


シーリングを充填した後、ヘラで均します。


ヘラで均した後、マスキングテープを剥がします。


サイディングの目地の施工後


換気口まわりの施工後


サッシ周り施工後

シーリングの工程は以上となります。
次の工程日は足場の解体を行います。
また写真をアップしたいと思います。

 

**********************

住宅の外壁塗装のお見積もりをご希望の方はこちらから
 お問い合わせ/お見積もり依頼はこちら 

お電話でのお問い合わせはこちらの番号へ
028-688-0700 電話受付:AM8:00~PM6:00

一覧へ戻る 前の記事次の記事